3つの主専攻(メジャー)×4つの副専攻(マイナー) 3つの主専攻(メジャー)×4つの副専攻(マイナー)

社会や子どもをめぐる環境が複雑に変化する今、
学校教育・教員には、これまで以上に指導・育成の質・幅が求められています。
これらの変化に必要となる力、
「人間力」と「対応力」を備えた教育者の育成に向け、
3つの主専攻(メジャー)と4つの副専攻(マイナー)を設けています。

取得可能な主な教員免許・資格

取得可能な教員免許・資格 幼児教育課程 小学校教育課程 健康・スポーツ教育課程
幼児教育課程 小学校教育
コース
国語教育
コース
英語教育
コース
スポーツ科学
コース
学校保健
コース







保育士資格(定員50名)          
幼稚園教諭一種免許状        
小学校教諭一種免許状  
中学校・高等学校教諭
一種免許状(国語)
         
中学校・高等学校教諭
一種免許状(英語)
         
中学校・高等学校教諭
一種免許状(保健体育)
       
特別支援学校教諭
一種免許状【※1】 ※知的障がい者、肢体不自由者、病弱者に関する教育領域
 
養護教諭一種免許状        
学校教育を支える資格取得プログラム 認定絵本士          
日本語教員
学校図書館司書教諭  
准学校心理士
日本スポーツ協会
公認スポーツ指導者【※2】
スチューデントトレーナー
(初級・中級)【※3】
健康運動指導士【※4】        
健康運動実践指導者【※4】
社会福祉主事任用資格
児童指導員任用資格

※1:特別支援学校教諭一種免許状の取得には、幼稚園、小学校・中学校または高等学校教諭免許状の取得が必要です。

※2:所定の科目を履修することで、スポーツ指導者養成講習会と同じカリキュラムを履修したものとされ、修了証明書を受けることができます。

※3:資格取得には、別途筆記試験と実技試験(中級のみ)の合格が必要です。

※4:所定の科目を履修し、別途試験の合格が必要です。

◎免許、資格を取得するための履修には、各課程・コースによる条件や制限がある場合があります。

3つの主専攻

幼児教育課程

生活や遊びを通して乳幼児とかかわる保育士・幼稚園教諭。子どもの心身の発達への理解や、子どもを取り巻く環境への配慮に加えて、指導者自身にも豊かな人間性が必要です。本課程では、4年間という時間を生かし、高度な知識を修得しながらインターンシップなどを通して、現場での即戦力につながる実践力を身につけます。また、公務員就職支援室と連携を図り、公立保育所・幼稚園の採用試験合格を支援します。

取得可能な教員免許・資格

  • 保育士資格
  • 幼稚園教諭一種免許状

小学校教育課程

小学校の教員は全教科の指導に加え、学級集団づくりや学校づくり、給食指導、外国語活動など幅広い教育指導が求められます。「教師は、最大の教育環境である」と言われるように、教員の資質や指導力は、小学校6年間およびその後の子どもたちの成長に大きな影響を与えます。桃教では一人の自立した「人間」として、個性と価値観を磨き続けながら他者と協働できる、人間力ある教員の養成をめざしています。

取得可能な教員免許・資格

  • 小学校教諭一種免許状
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 中学校・高等学校
    教諭一種免許状(国語)
  • 中学校・高等学校
    教諭一種免許状(英語)
  • 特別支援学校教諭一種免許状
小学校教育コース

教科指導や学級集団づくりなどに理解を深めつつ教師としての人間性を磨き、実践的指導力を身につけます。

国語教育コース

小学校教諭に必要な指導力を磨きながら、子どもの読解力を高め、小中高一貫した国語教育を担う能力を身につけます。

英語教育コース

小学校教諭に必要な指導力と英語指導の能力を高め、学校現場が求める英語に精通した教員をめざします。

健康・スポーツ教育課程

今後、さまざまな世界的なスポーツ大会の開催を控える日本では、ますます健康・スポーツ科学領域への関心が高まります。また、社会が発達しても、我々の身体構造・機能は大きく変化するわけではありません。平均寿命がどれだけ延びたとしても、健康問題は私たちの最大の関心事の一つです。本課程では、アスリートのパフォーマンス向上はもちろん、子どもの体力向上から高齢者の健康づくりまで、科学的根拠に基づく運動指導・健康支援ができる人を育成します。

取得可能な教員免許・資格

  • 中学校・高等学校
    教諭一種免許状
    [保健体育]
  • 養護教諭一種免許状
  • 特別支援学校
    教諭一種免許状
  • 小学校教諭
    一種免許状
スポーツ科学コース

中学・高校で保健体育を指導する力に加え、スポーツを通して社会の健康を促進する実践力を身につけます。

学校保健コース

養護教諭として児童生徒の健康管理と保健指導を担うとともに他の教員と連携し健康問題を解決する力を育成します。

TOPICS桃教スポーツアカデミーが誕生。

桃教スポーツアカデミーは、本学の協力のもと、大学を拠点にした地域と連携した総合型地域スポーツクラブです。性別や年齢などにかかわりなく、地域の誰でもが、継続的にスポーツに親しむことができるような環境づくりをめざし、多種目、多世代、多志向、そして地域住民による自主運営といった点が特徴です。

主な活動
  1. 中高年者の健康寿命の延伸に関する活動
  2. 地域住民や親子の交流を深める機会を提供する活動
  3. 子どもの健全な成長を支援する活動
  4. スポーツ指導者を育成する活動
  5. スポーツ医科学に関する情報を提供する活動

取得できるその他の資格

  • 日本語教員
  • 学校図書館司書教諭(※幼児教育課程は除く)
  • 准学校心理士
  • 日本スポーツ協会公認スポーツ指導者
  • スチューデントトレーナー(初級・中級)
  • 健康運動指導士(※健康・スポーツ教育課程のみ)
  • 健康運動実践指導者
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格

◎各課程・コースは2021年4月設置

※特別支援学校教諭一種免許状の取得には、幼稚園、小学校・中学校または高等学校教諭免許状の取得が必要です。

※免許、資格を取得するための履修には、各課程・コースによる条件や制限がある場合があります。

取得可能な主な教員免許・資格
取得可能な主な教員免許・資格

これからの学校現場を支える高い専門性を育成する3課程・5コースでは、複数の免許や幅広い資格が取得でき、活躍の場が広がります。免許・資格の取得のため、数多くの履修モデルを用意し、ていねいなガイダンスによる履修指導を行います。
複数免許の取得については、無理のない履修モデルをアドバイスしますので、ガイダンスでご相談ください。

※1:特別支援学校教諭一種免許状の取得には、幼稚園、小学校・中学校または高等学校教諭免許状の取得が必要です。

※2:所定の科目を履修することで、スポーツ指導者養成講習会と同じカリキュラムを履修したものとされ、修了証明書を受けることができます。

※3:資格取得には、別途筆記試験と実技試験(中級のみ)の合格が必要です。

※4:所定の科目を履修し、別途試験の合格が必要です。

◎免許、資格を取得するための履修には、各課程・コースによる条件や制限がある場合があります。

CLOSE
4つの副専攻

多様な教育課題に対応できる
高い専門性を育む
4つのプログラム

「グローバル化・多文化共生への対応」「いじめや不登校・中退、暴力などの児童生徒の育ち・生き方にかかわる課題」
「教育学と科学的根拠に基づく適正な部活動指導」など、学校教育が直面する課題に対応するための
付加価値を備えた教育者をめざすプログラムを設けています。

特別支援教育プログラム
※幼児教育課程を除く

特別支援学校において、障がいのある児童生徒を指導するための「特別支援学校教諭免許」の取得をめざします。
本プログラムでは、教育現場での経験が豊かな教員が担当するほか、インターンシップなど実践型の教育を展開し、
知識の活用能力、批判的思考力、コミュニケーション力、問題解決力を高めるなど、現場で活用できる指導力を育成します。

学びのポイント

特別支援教育分野の
第一線の教員陣がそろう

文部科学省で特別支援教育に長年携わってきた教員、発達障害領域のスペシャリストで現役医師である教員、教育委員会特別支援教育課指導主事であった教員など、特別支援教育に精通した経験豊かな教員陣が、学校における実際の教育活動をふまえた最新の教育を行います。

長期・継続的な
インターンシップ

2年次の「学校インターンシップ」、4年次の「教育実習」に加えて、同じ学校でのインターンシップを行います。子どもの成長を実感するとともに、学校での実際の職業生活を体験でき、人間関係も築かれます。

取得可能な教員免許
●特別支援学校教諭一種免許状(知的障がい者、股体不自由者、病弱者に関する教育領域)

※特別支援学校教諭一種免許状の取得には、幼稚園、小学校・中学校または高等学校教諭免許状の取得が必要です。

特別支援教育に関する科目

2年次 3年次 4年次
  • 特別支援教育総論
  • 知的障害者の心理・生理・病理
  • 肢体不自由者の心理・生理・病理
  • 病弱者の心理・生理・病理
  • 知的障害教育論Ⅰ・Ⅱ
  • 肢体不自由教育論Ⅰ・Ⅱ
  • 病弱教育論
  • 視覚障害者の心理・生理・病理
  • 聴覚障害者の心理・生理・病理
  • 視覚障害教育論
  • 聴覚障害教育論
  • 重複障害者等の心理・生理・病理
  • 重複障害者等教育論
  • 障害者福祉論
  • 発達障害等教育総論
  • 教育実習指導(特別支援)
  • 教育実習(特別支援)

※専門科目は、2年次からの履修になります。

学生の声

学生の声

子どもたちの持てるチカラを見つけ、
それを伸ばしていける教員に。

特別支援学校のインターンシップでは、当初は目を見ることができなかった子が目を見て挨拶できるようになったり、名前を覚えてくれるようになったりと、半年間で子どもたちの変化を感じることができました。障がいがあっても、他に光る「何か」があるはず。そこに気づき、どう生かしていくか。その手法を学び続ける教員になりたいと思います。

健康・スポーツ教育コース 3年次(大阪府立 佐野高等学校出身)
原田 杏莉 さん

教員からのメッセージ

教員からのメッセージ

豊かな人間性と確かな指導力を身につけ、
「インクルーシブ教育」を担う教育者へ。

本プログラムでは、障がいの有無にかかわらず、すべての幼児児童生徒が、仲間とともに学び、ともに成長することを大切にする「インクルーシブ教育」を担う、豊かな人間性と確かな指導力を持つ教育者の育成をめざします。教育現場での経験が豊かな教員が指導を担当し、知識や理論のみならず、インターンシップを重視するとともに、学校における実際の指導事例を検討するなど、意欲と実践力のある教員を育成します。

[専門分野]特別支援教育、人権教育、学校教育学
長谷川 陽一 教授

日本語教員養成プログラム

外国につながりのある児童生徒に寄り添い、
日本語を指導する能力を養成する。

グローバル化が進み、教室には日本語指導が必要な外国につながりのある児童生徒が急増しており、その対応が重要な課題となっています。「日本語教員養成プログラム」では、日本語指導だけでなく児童生徒の生活背景を理解し、寄り添う指導が身につく実践的な教育を行います。現在、日本語指導を必要とする大阪の府立高校との定期的な情報交換会の開催や、ボランティア活動も実施。「日本語教員」の資格取得をめざします。

取得可能な資格

日本語教員

関連する科目
  • 日本語教授法
  • 日本語教育事情
  • 日本語教育演習
  • 日英比較言語学
  • 言語と社会
  • 日本語教育実習
  • 日本語学概論
  • 第二言語習得論
  • 異文化間コミュニケーション論
  • 多文化共生論
  • 異文化間教育
  • 教育評価論
  • 情報メディアの活用
  • 人間教育原論

教員からのメッセージ

教員からのメッセージ

多様な子どもたちの立場に立って考えられる教員に。

プログラムを通して、日本語の魅力を実感しながら、その魅力を国内外にいる多様な日本語の学習者に伝える能力を磨きます。みなさんが、教育現場で急増している日本語の指導を必要としている子どもたちに、必要な専門的知識と能力を持って支援できる教員に、さらにグローバル化する日本社会で多様な文化を理解し他者を理解できるスキルを育み、困っている多様な子どもたちの立場に立って考えられる教員になれるように応援します。

[専門分野]国際理解教育、ニューカマー児童生徒の教育、キャリア教育
オチャンテ 村井 ロサ メルセデス 准教授

教育相談実践基礎プログラム

チームで「問題行動」解決へ挑む。
実践的な教育で協働スキルを身につける。

今、学校現場では、いじめや非行などの「問題行動」や不登校、引きこもり、中退などへの対応・指導が急務となっています。これからの教員は、課題解決に向けて、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーともチームとして協働できる能力が求められます。「教育相談実践基礎プログラム」では、本学に在籍する特別支援やメンタルヘルスに関する実績豊富な心理の専門家の指導のもと、現場での実習も含め実践的な教育を行います。

関連する科目
  • 教育心理学
  • 心理学
  • 学校インターンシップ
  • 予防的心理教育
  • 教育臨床心理学
  • ソーシャルワーク論
  • 心理教育的アセスメント
  • 発達心理学
  • 特別支援教育
  • 教育相談

教員からのメッセージ

教員からのメッセージ

教師の仕事は何でしょうか?

「教師の仕事は何でしょうか?」と質問されたら、どのように答えるでしょうか。一番に思いつくのは「勉強を教える」ことですね。実は「教育相談」にかける時間も、大きなウエイトを占めています。子どもの話を聞くこと、保護者の悩みにアドバイスすること、そして同僚の相談にのることも多いです。これらの「教育相談」を通して子どもや保護者、同僚との信頼関係を構築することは、学級経営にも大きな影響を与えます。信頼を得るためにも、教育相談実践基礎プログラムで学んでみませんか。

[専門分野]特別支援教育、学校心理学、教師教育、学級経営
松久 眞実 准教授

部活動指導者養成プログラム

これからの部活動指導を
教育学と科学的アプローチで見なおす。

児童生徒の体力・運動能力の低下が課題となる中、児童生徒の心身の発達を担ってきた部活動が、教員の対応だけでは限界に。部活動指導に教育学の修得者がかかわることで、教員の負担軽減、体罰撤廃やスポーツ外傷・障害の予防など、科学的根拠に基づく運動指導による教育効果も期待できます。「部活動指導者養成プログラム」では、部活動の意義を理解し、児童生徒の自発性、人間性を引き出すとともに、効率的な部活動を推進できる人材を育成します。

関連する科目
  • スポーツコーチング論
  • トレーニング理論演習
  • アスレティックトレーニング論
  • 障害者スポーツ演習
  • 生涯スポーツ論
  • スポーツ医学
  • 運動生理学
  • スポーツ栄養学
  • スポーツ心理学
  • スポーツ経営管理学
  • スポーツ社会学
  • 救急処置法
  • 運動学
  • 機能解剖学Ⅰ
桃教まるわかり

桃教ってどんな大学?
本学の魅力をご紹介!

学部長メッセージ

鎌田首治朗学部長からメッセージ
「私たちとともに自分を磨き続ける旅に出よう」

動画でキャンパスツアー

現役桃教生がご案内
桃教で学ぶ

桃教で、どんな教員に
どんなことを学ぶ?
多様な学びの一部をご紹介!

国語

二瓶 弘行 教授

保育

葉山 貴美子 教授

幼児造形・美術

藤原 昌樹 准教授

理科教育

中島 英康 准教授

スポーツ政策

村井 愛美 講師

人間教育

鎌田 首治朗 教授

国語

二瓶 弘行 教授

英語

DECKER, Warren O'Sullivan 准教授

健康・スポーツ/部活動

中村 浩也 教授

国際理解

オチャンテ 村井 ロサ メルセデス 准教授

特別支援教育

松久 眞実 教授

養護教諭

永井 利三郎 教授

音楽/発声法

小餅谷 哲男 教授

音楽/作曲

山口 聖代 講師

もっと詳しく知りたい方はTeam桃教へ。
先生のメッセージが満載!

こちらのスペシャル
コンテンツもチェック!

君に問う
桃山学院教育大学
資料請求
オープンキャンパス
twitter line instagram facebook YouTube
Copyright © Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.