twitter line instagram facebook YouTube

NEWS & TOPICS

2019.07.25

教育・研究

学生生活

「十一人の侍大作戦」の慰労会を行いました

7月16日(火)の昼休みに、桃教独自の教育プログラムである「十一人の侍大作戦」の慰労会(情報交換会)を行いました。
慰労会では、去年に引き続きお好み焼きパーティを開催。きれいに清書された学生それぞれの「家庭学習の手引き」も掲示されました。このプログラムに参加している学生のほか、鎌田学部長や十一人の侍の先生方、各コースの先生方にもご参加いただき、和気藹々とした雰囲気の中、お好み焼き作りや歓談を通して交流を深める好い機会になりました。

▼ 「十一人の侍大作戦」とは
十一人の若手専任教員が学生の自学自習を積極的にサポートするプログラムで、教員一人につき学生5名までの少人数で指導します。教員採用試験対策はもちろん、自分を見つめなおし、勉強方法から勉強の習慣づくり、自己理解など、「学ぶことについて学ぶ」授業外の取り組みです。 学び続ける「態度」と「技術」を兼ね備えたプロの教育者をめざし、このプロジェクトを通じてその基礎作りを行うことを目的としています。

今年4月に入学した1年次は、GW明けから十一人の侍大作戦の前期がスタート。まず、教育や人間関係における「マインドセット」について学び、「努力の過程」を重視した振る舞いを日常生活で実践してみました。次に、教員採用試験とも関連する日本語検定の過去問を題材に、学習科学に基づいて勉強しました。最後に、前期の集大成として、子どもや保護者に「やればできる」と「どうやるか」を伝える「家庭学習の手引き」の作成に取り組みました。

twitter line instagram facebook YouTube
Copyright © Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.