twitter line instagram facebook YouTube

NEWS & TOPICS

2019.05.27

お知らせ・イベント

学生生活

本学1年次の藪田 亜佳音さんがバトントワーリングの世界大会に出場します

3月22日(月)~24日(水)に開催された第44回全日本バトントワーリング選手権大会(於・丸善インテックアリーナ大阪)で、本学1年次の藪田 亜佳音さん(一般団体所属)がフリースタイルチームで5位に入賞し、8月に行われる世界大会へ出場する日本代表選手として選出されました。

バトントワーリングとは、20世紀初頭・アメリカでの音楽隊によるパレードの指揮者が起源となり、今日まで形状や技術等、様々な面で発展を重ねてきた競技。棒状の手具(バトン)を回転させる(トワーリング)という意味をもち、バトンの操作と身体の動きを音楽に合わせて組み合わせる芸術性の高いスポーツです。
藪田さんは小学校3年生の頃からバトントワーリングを始め、平日は学校の勉強と練習との両立、週末は1日12時間の練習、という日々を10年以上にわたり続けてきました。世界大会には2年前のクロアチア大会を経て、今回が2回目の出場になります。

藪田さんが日本代表として出場する2019年IBTFグランプリ大会は、8月9日(金)~11日(日)にフランスのリモージュで開催されます。藪田さんは世界大会に向け、「今回の全日本選手権では自分の実力を発揮できなかった。これから、本番で力を発揮できるようもっと練習を重ねて自信をつけ、フランス大会では優勝をめざしたいです」と意気込みを語っています。
皆様のご声援を、よろしくお願いいたします。

twitter line instagram facebook YouTube
Copyright © Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.