NEWS & TOPICS

2020.12.02

教育・研究

メディア

【メディア掲載】『意識としての自己 —自己意識論集Ⅲ—』/梶田叡一学長が執筆した書籍が刊行されました

11月24日(火)に、梶田叡一学長が執筆した書籍『意識としての自己 —自己意識論集Ⅲ—』が東京書籍より刊行されました。

<内容紹介(東京書籍Webサイトより引用)>
日本の教育学の泰斗として知られる著者が、学生時代から一貫して取り組んできた「自己意識論」を集大成としてまとめた論集の第3巻。
自己意識の問題は、アイデンティティ、自己概念、自己イメージ、自尊感情などの形で論じられ、現代の心理学・社会学・教育学などにおいて、最も重要な課題の一つとされてきた。

本書では、アイデンティティの確立について、三つの段階を提示している。
第一段階は、家族や友人を通しての原初的な存在の確認。
第二段階は、職業やジェンダーなど社会的ラベリングによる位置づけ。
「世間」が重い意味を持つ日本のアイデンティティ論は、従来、この第二段階で終わりがちであった。
しかし、もうひとつ、第三段階を考えなくてはならないと著者は主張する。
志向する自己像を投影した、他者への宣言としてのアイデンティティである。

さらには、晩年の良寛のような「私なんて何者であってもええやないか」という超アイデンティティの境地にも思いをめぐらす。
個々人の意識世界のあり方について、「自分自身を生きていく」ためのものにしていこうとする様相を、さまざまな角度から論じている。
また、アイデンティティを論じる上で欠くことのできない、宗教および宗教教育についても、日本文化の特性と自己意識の観点から深く論じていく。


【参考URL】
東京書籍Webサイト
『意識としての自己 —自己意識論集Ⅲ—』
https://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/81398/

資料請求
インターネット出願
twitter line instagram facebook YouTube
Copyright © Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.