NEWS & TOPICS

2020.09.30

教育・研究

メディア

【メディア掲載】『高校で学ぶ発達障がいのある生徒のための社会参加をみすえた自己理解~「よさ」を活かす指導・支援~』/長谷川陽一教授が分担執筆した書籍が刊行されました

長谷川陽一教授が分担執筆した書籍『高校で学ぶ発達障がいのある生徒のための社会参加をみすえた自己理解~「よさ」を活かす指導・支援~』(小田浩伸監修/大阪府教育委員会編著)が9月20日(日)にジアース教育新社より刊行されました。長谷川教授は、高校と支援学校の連携についての記述やコラムを執筆しています。

<内容紹介(ジアース教育新社Webサイトより引用)>
発達障がいのある生徒の高校卒業後の進路先での困りの軽減や、必要に応じて周囲に適切な支援を求める力の育成をめざし、生徒の自己理解の促進と、自尊感情や自己肯定感を大切にした指導・支援について、理論編、事例編、資料編の3部構成で編纂。とりわけ事例編は、職員研修での活用をみすえ、進学先・就職先での困りをもとに、「高校で取り組むべき指導・支援」について協議を深めることができる構成になっている。校内研修・教職員研修のテキストに最適!

【参考URL】
ジアース教育新社
『高校で学ぶ発達障がいのある生徒のための社会参加をみすえた自己理解~「よさ」を活かす指導・支援~』
https://www.kyoikushinsha.co.jp/book/0555/index.html

資料請求
インターネット出願
twitter line instagram facebook YouTube
Copyright © Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.