NEWS & TOPICS

2020.07.07

教育・研究

メディア

【メディア掲載】『部活動学 —子どもが主体のよりよいクラブをつくる24の視点—』/中村浩也教授が分担執筆した書籍が刊行されました

6月30日(火)、中村浩也教授が分担執筆した書籍『部活動学 —子どもが主体のよりよいクラブをつくる24の視点』がベースボール・マガジン社より刊行されました。

中村教授は「18時限目 スポーツ医学(医科学サポート) 運動部活動における医科学スポーツの在り方 —スポーツ事故の防止と運動部活動の自治」を執筆しています。

<内容紹介>(ベースボール・マガジン社Webサイトより抜粋)
体育・スポーツのジャンルにとらわれない多面的視点で「運動部活動」の在り方を探求!
「勝利至上主義」や「体罰・暴力」が根強く残る運動部活動において、課題を解決し、理想のチームをつくるためにはどうすればよいのか?「運動部活動の主人公は子どもである」と主張する運動部活動研究の第一人者が、体育・スポーツの分野にとらわれない21人のスペシャリストの知見を結集し、多面的な視点から運動部活動の在り方を説く。

【参考URL】
ベースボール・マガジン社Webサイト
『部活動学 —子どもが主体のよりよいクラブをつくる24の視点—』
https://www.bbm-japan.com/_st/s16779657

資料請求
インターネット出願
twitter line instagram facebook YouTube
Copyright © Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.