twitter line instagram facebook YouTube

養護教諭養成プログラム

児童や生徒の健康管理と保健指導を行う「保健室の先生」をめざします。養護教諭は、担任教諭や学校医・スクールカウンセラー・栄養教諭など学校内での連携とともに、家庭や地域との連携をつくるコーディネーターとしての役割を担う必要があります。
本プログラムでは、その土台づくりとなる協働での学びを重視し、講義による知識習得に加えて、実習や演習で学ぶ機会も多くあります。また、場面指導を含めた教員採用試験に向けての支援体制も充実しています。

対象コース

健康・スポーツ教育コース

学びのポイント

豊富な実習で実践力を養成

病院実習や病弱児のある家族研修のボランティア活動などを取り入れ、学生の気づきを迅速に察知し、情報共有できるように、学生同士や学生と教員間で「対話的な学び」を行っています。

専門的な知識とスキルを身につける

児童生徒の心身の課題は、複雑で深刻化するケースがあります。不登校やいじめ・虐待など心の問題を早期に発見し対応できる人間力や、アレルギー・感染症・慢性疾患などの症状に対して柔軟に支援できる実践力を養います。

取得可能な教員免許

● 養護教諭一種免許状

プログラム配当科目

教員からのメッセージ

児童生徒の健やかな心身と、
学校全体を見守る「保健室の先生」へ。

学校という組織の中で、児童生徒の心身の課題と向き合い、教育や健康などから多面的なアプローチができる専門的な知識とスキルを磨きます。養護教諭は、学校全体を見渡してのチームワークをつくり、その先の児童生徒とつなぐコーディネーター的な役割も担うため、多様な能力が求められますが、実習などを通じて現場の雰囲気に慣れながら、スキルを養います。

[専門分野]健康教育学、学校保健・学校安全教育、ストレスマネジメント教育
八木 利津子 准教授

学生の声

子どもたちの小さな変化に気づき、
しっかり寄り添える先生をめざして。

教師でありながら看護師同様の処置能力や医療知識を備える養護教諭は、中学校の頃から憧れでした。看護学生と同じく実際の病院で医療現場を見学したり、応急処置や緊急事態への対応を演習したり、児童生徒の健康を守るための実践的な技術を学び、目標に向けて着実に成長していることを実感しています。将来は、子どもに寄り添い、心と身体の面から成長を支えられる先生になりたいです。

教育学部 教育学科 2年次(大阪府 大阪女学院高等学校出身)
丸井 弥怜さん

twitter line instagram facebook YouTube
Copyright ©Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.