twitter line instagram facebook YouTube

小学校教育コース

小学校の教員は全教科の指導に加え、学級集団づくりや学校づくり、給食指導、外国語活動など幅広い教育指導が求められます。
「教師は、最大の教育環境である」と言われるように、教員の資質や指導力は、小学校6年間および
その後の子どもたちの成長に大きな影響を与えます。一人の自立した「人間」として、
個性と価値観を磨き続けながら他者と協働できる、人間理解に基づいた人間力ある教員の養成をめざしています。

小学校教育コース

学びのポイント

小学校教員をめざすための
最強の布陣がそろう環境

数々の大学で教育改革を実行し、成功してきた梶田学長をはじめ、教員採用試験を熟知した教員陣、文部科学省で教育政策に携わった教員陣など、小学校教員をめざすための万全の体制が整っています。「正課授業での試験対策」「(正課外における)専任教員のサポート」「教職センターによるプログラム」が三位一体となり、学生一人ひとりを支援します。

早期からの
インターンシップなど、
主体的な学びを重視

実際に子どもたちと向き合い、その表情や言葉にふれることで、教育者になる意識と実践力を高め、教育の根本である児童への理解力を磨いていきます。また、学生同士が意見を出し合う討論や、協力して課題に取り組むグループワークなどのアクティブ・ラー ニングを積極的に取り入れ、主体的に学ぶ姿勢を身につけます。

小学校の英語指導に対応

社会のグローバル化を踏まえ、次期学習指導要領では、小学校における英語学習の実施学年が拡大されます。本コースでは、指導に必要なクラスルーム・イングリッシュを学び、コミュニケーション活動を通じて、児童に楽しく英語を使ってもらうことを可能にする専門的授業力を養成します。

取得可能な教員免許・資格はこちら

学年ごとの学び

1年次

教育の基礎を学ぶとともに、教養を身につける。

「子ども教育学基礎演習」では、レポート作成方法や発表・報告する技術など大学での勉学の取り組み方を習得。また、2年次の「学校インターンシップ」の効果を高めるため、しっかりと事前学習を行います。
2年次

学校インターンシップ」で実践力をつけるとともに、教科の指導法を学ぶ。

「学校インターンシップ」で教育現場を実際に体験することを通して、現場の現状や子どもの視点を理解するとともに、自身の課題も把握します。「教育学演習」での共有・振り返りで学びを深めます。また、現場で指導するための専門知識も学びます。
3年次

「教育実習」やインターンシップで実践力を高める。

教育現場で責任をもって行動できる資質を身につけるとともに、教科の指導法の専門性を高めていきます。また、「キャリア演習」では、教員採用試験に向けた対策を行います。
4年次

4年間の学びの総まとめと卒業研究に取り組む。

ロールプレイやグループ討議を重ね、教員としての実践力を高めるとともに、教員採用試験に向けた総合対策を行います。「教育学専門演習」では、洞察力や理解力、表現力も身につけます。4年間の集大成として卒業論文を完成させます。

PICK UP科目

国際社会と教育
途上国の子どもたちへの国際教育協力について学び、国際社会と教育の関係を理解するための基礎知識を養成。諸外国の事情を自ら調べ、発表することで伝える力も身につけます。
算数科教育法
現代の算数科教育における課題を意識しながら、指導法や授業計画の立て方などを学びます。教材選びやノートの指導法なども修得。模擬授業も行い、学生間で評価し合います。
初等英語
2020年度から公立小学校3・4年生で「外国語活動」が必修化されます。さまざまな教材を用いた指導法を学び、小学校教員としての指導力を身につけます。
教育相談(幼・小)
今日の学校現場では、教員同士だけでなく、保護者やスクールカウンセラーなどの専門家、地域の人たちとかかわり合い、つながり合って、子どもの成長を育み、指導・援助していくことが求められています。カウンセリングの理論・技法を学ぶとともに、チームでの援助活動の実際例を通して、学校教育相談活動について理解します。
コース配当科目はこちら
Topics

英語の楽しさを伝える
「子ども英語プログラム(Kids English)」

学生によって企画・運営されているプログラム。小学校低学年を対象に、英語での絵本読み聞かせ、歌、かるた、ゼスチャーゲームなど英語の楽しさを体験するイベントを開催。授業で学んだことを実践しています。2017年度より桃山学院大学の交換留学生も参加し、世界の文化を子どもに紹介する貴重な経験ができます。

教員からのメッセージ

教育現場への期待感が高まる今、
教育者に求められるのは“人間力”。

小学校の6年間は、子どもたちの成長に大きな影響を与える時期だからこそ、教師としての責任とやりがいを感じることができます。本コースでは、単に指導法を学ぶだけではなく、「教師としての在り方」を重視。社会の人々の価値観が多様化し、学校教育への期待も変化している現代においても、しっかりと個性と価値観を持ち、児童を導くことのできる高い人間力を備えた教育者を育成します。

[専門分野] 英語教育、教育行政、教員養成・育成
安井 茂喜 准教授

学生の声

人生で初めての教壇で学んだのは、
授業には入念な計画が必要だということ。

これまでの学びの中で印象的だったのは、「算数科教育法」での模擬授業。相手はクラスメイトですが、人生で初めて教壇に立ちました。子どもたちが理解するスピードを意識しながら、授業をどのように進め、何を教えるのかということをまとめた「指導案」も用意。授業を始める前には、膨大な準備が必要であることを実感しました。授業後に、みんなから私の授業への感想を聞いたり、意見を話し合えたことも、貴重な学びになっています。
また、教室で学ぶだけでなく、授業の空き時間に、スクールサポーターとして小学校で授業を補助しています。実際の教育現場で子どもたちと接することで、子どもたちが物事を理解する感覚などを掴むことができるので、とてもいい経験になっています。

教育学部教育学科2年次(大阪府立登美丘高等学校出身)
玉木 愛一郎 さん

twitter line instagram facebook YouTube
Copyright ©Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.