twitter line instagram facebook YouTube

少人数制&
教職員チーム制

キャリア形成支援

チューター(担任)制による少人数ゼミを1年次から導入。
教員がチームとなって、一人ひとりの成長を支えます。

1年次から少人数制の演習(ゼミ)を必修科目として設置。参加型の授業を通して、
自発的な問題解決力のほか、プレゼンテーション力やコミュニケーション力、協調性などを養成します。
演習担当の専任教員がチューター(担任)となり、希望進路や特性に応じ、
履修計画の作成や学生生活などについてもアドバイス。定期的なチューター会議で
指導方針や情報を共有するなど、教員全体でのサポート体制も整えています。

少人数制ならではのフォロー体制で支える4年間の演習

  • 1年次
    子ども教育学基礎演習1・2
    〈1クラス20名前後〉
    プレゼンテーションの方法やレポート作成など、大学での学び方を徹底指導。講演会などを交え、キャリア形成への意識を高めます。
  • 2年次
    教育学演習1・2
    〈1クラス20名前後〉
    学校インターンシップでの体験や課題をクラス内で報告・共有。チューターによる実践的な助言で、教育者としての資質を養成します。
  • 3年次
    教育学専門演習1・2
    〈1クラス6名前後〉
    基礎分野の知識や経験を土台に、専門的な学びを強化。研究課題の討議・発表を通じて見識を深め、自らの研究テーマを掘り下げます。
  • 4年次
    教育学専門演習3・4
    〈1クラス6名前後〉
    担当教員指導のもと、卒業研究(卒業論文)を制作。また、グループ討議や発表により卒業後に必要な協調性や指導力などを磨きます。

学生の声

19人、一人ひとりの性格まで理解されていますよね。

私のクラスは19人。担任の村上先生は入学当初から学生一人ひとりに目を配り、性格を理解してくださっています。授業中はプレゼンテーションやレポートの内容について個別に的確なアドバイスをしてくださり、苦手部分の克服にも力強い味方です。普段から学生のペースに合わせたコミュニケーションを取ってくださるので、進路はもちろん日常の相談もしやすく、迷いや不安の多い学生生活でとても頼れる存在です。

山本 真子さん

健康・スポーツ教育コース 1年次
(大阪府立 芦間高等学校出身)

教員からのメッセージ

それぞれの「人生の物語」が輝くよう、 いつも見守っていますよ。

一人ひとりの声に耳を傾けると、皆それぞれの「人生の物語」を生きていることを痛感します。どのような方々と出逢い、何に喜びや苦悩を感じ、これからどう生きていこうとしているのか…。少人数制教育では、そうした「物語」を聴かせてもらうことで、一人ひとりを広く、深く理解し、きめ細やかなサポートができるよう心がけています。例えば、出席が滞り始めたときや、課題のパフォーマンスが今一つのときにも、表面的な指導に終始することなく、それぞれに「響く」関わりを模索しています。また、このように学生生活で支えられた経験は、近い将来、学生が教育者として現場に出たとき、他者を支え癒していく礎になるはずです。

村上 祐介 講師

[専門分野]教育心理学、健康心理学 など

twitter line instagram facebook YouTube
Copyright © Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.