twitter line instagram facebook YouTube

少人数制&
教職員チーム制

キャリア形成支援

チューター(担任)制による少人数ゼミを1年次から導入。
教員がチームとなって、一人ひとりの成長を支えます。

1年次から少人数制の演習(ゼミ)を必修科目として配当。
参加型の授業を通して、自発的な問題解決力のほか、プレゼンテーション力やコミュニケーション力、
協調性などを養成します。演習担当の専任教員がチューター(担任)となり、
希望進路や特性に応じ、履修計画の作成や学生生活などについてもアドバイスしています。
定期的なチューター会議で指導方針や情報を共有するなど、教員全体でのサポート体制を整えています。
また、学園祭などの学内行事も、ゼミグループで学生たちが企画・運営に取り組み、
身近な関係性のなかで協働しながらチームづくりを学ぶ機会として生かしています。

少人数制ならではのフォロー体制で支える4年間の演習

  • 1年次
    子ども教育学基礎演習1・2
    〈1クラス20名前後〉
    プレゼンテーションの仕方やレポート作成など、大学での勉学への取り組み方をしっかりと指導します。また、外部講師による講演会等を交えながら、2年次の「学校インターンシップ」に向け、学生がキャリア形成を意識できるよう事前指導します。
  • 2年次
    教育学演習1・2
    〈1クラス20名前後〉
    教育学を本格的に学びます。「学校インターンシップ」での体験や感じた課題をクラス内で報告・共有することで学びを深めます。チューターが実践的な助言を行い、教育者・社会人としての資質を養成します。
  • 3年次
    教育学専門演習1・2
    〈1クラス6名前後〉
    1・2年次で培った基礎分野の知識や経験を土台に、専門的な学びを実践。研究課題の討議・発表の中で、仲間との対話や担当教員の指導により見識を深めます。また自らの研究テーマを掘り下げて研究し、4年次の研究に備えます。
  • 4年次
    教育学専門演習3・4
    〈1クラス6名前後〉
    担当教員の指導のもと、卒業研究(卒業論文)制作に取り組みます。また、グループ討議や発表の中で、教員としての資質(協調性や指導力)や社会人として必要な文献研究能力、調査実践能力、プレゼンテーション力を高めます。

教員採用試験合格者の声

学生が教員になるための道を、ずっと支えてくれる頼もしい存在。

少人数のおかげで、先生方が私の長所や性格まで理解してくださっており、的確な助言をいただきました。相談のときだけの関係ではなく、普段の勉強や悩みとの向き合い方など、いつも私たちの挑戦を見守ってくれたことに感謝しています。また、同じ目標を持つ仲間たちの存在も大きく、皆がいてくれたから教員採用試験に向けて頑張れました。

辻祐奈さん

教育学部 教育学科 4年次(和歌山県立 星林高等学校出身)

一人のつまづきを、みんなでフォローする。かけがえのない仲間たちに感謝。

山本先生には現職教員対象の研究会に連れて行っていただき、見識を広げられました。クラスメイトとは、少人数制なので結束力が強かったと感じます。自分の不得意分野は、それが得意な友達に相談しましたし、逆に私の得意分野では、みんなからの相談に応えました。お互いに教えあい、励ましあった仲間との関係は、これからも大切にしたいと思います。

岩崎一麿さん

教育学部 教育学科 4年次(和歌山県立 和歌山東高等学校出身)

教員採用試験合格者の声

教員からのメッセージ

学生一人ひとりとじっくり向き合い、学びの本質を伝えられる学習環境。

私の指導では、例えば学習の上でつまずいたところを暗記などでクリアするのではなく、じっくりと考えて解くところから教え、学びの面白さを自覚できるようにしています。その体験は、自身の生徒を受け持ったときにきっと役立つはずです。教師になる人だからこそ知っておいてほしいことを、丁寧に教えられるのは、少人数制ならではのメリットであると言えるでしょう。

山本 景一 教授

[専門分野]算数・数学教育法など

twitter line instagram facebook YouTube
Copyright ©Momoyama Gakuin University of Education. All Rights Reserved.