桃山学院教育大学 2022年度入試のポイント
2022年度入試スケジュール
01 ベストスコア方式
導入します!
  • 複数日程がある入試制度で、複数日受験した場合、各教科の最高得点で合否判定。
  • ベストスコア方式を選択した場合、昨年度実績で約30%の受験生の合計点がUP!
学校推薦型選抜 公募制(前期)
11月13日(土)、14日(日)
一般選抜(前期) 学科試験型
2022年2月2日(水)、3日(木)、4日(金)
02 全課程において、
「総合型選抜」の後期日程(12月)を導入。
チャンス拡大!
総合型選抜は、大きく5つの入試方法があります
こんな人にオススメ!
・将来の目標が明確で熱意のある人
・人物評価で勝負したい人
・情報収集の得意な人

2022年度入試ポイント解説
<総合型選抜編>

03英語はもちろん、
外国語における
外部試験の得点・資格が
活用
できます。
学校推薦型選抜
一般選抜

外国語における外部試験利用のみなし得点について

受験者が保有する外国語の外部試験の得点・資格のレベルに応じて、入試の「英語」の得点を100点、80点、70点の3段階に換算し合否判定を行います。
みなし得点制度を利用する場合、試験科目「英語」を受験をする必要はありませんが、受験した場合は試験科目得点とみなし得点のどちらか高い方を採用します。得点基準は下記表を参照ください。全商英検1級と別表の英語以外の外部試験結果については、すべて80点とみなします。※母語の試験結果は対象としません。

右へスライドしてご覧下さい。

みなし得点 実用英語技能検定
(英検)
GTEC GTEC
for
STUDENTS
(3技能)
GTEC
CBT
TOEFL
iBT®
IELTS™ TEAP Cambridge
English
TOEIC®
L&R
+
S&W
100点 準1級以上 1190以上 980 1160以上 72以上 5.5以上 334以上 CPE
CAE
FCE
1095以上
80点 2級 960
~1189
815
~979
880
~1159
42
~71

4.0
~5.0
226
~333
PET 790
~1090
70点 準2級 690
~959
565
~814
510
~879
3.0 150
~225
KET 385
~785
英検準2級取得者がスタンダード方式で「英語」受験した場合

この場合、
得点が高い方
判定に使用

A.「英語」の得点を採用

英語
80点
国語
75点
合計
155点

B. 英検「準2級」取得のみなし得点を採用

英語70点
(みなし得点)
国語
75点
合計
145点

みなし得点80点

右へスライドしてご覧下さい。

語学 検定名 資格
英語 全商英語検定 1級
ドイツ語 ゲーテ・インスティトゥート(ドイツ語) StartDeutschA1以上
ドイツ語能力検定試験 A1GrundstufeDeutsch以上
フランス語 実用フランス語技能検定試験 4級以上
DELF(フランス語資格試験) A1以上
スペイン語 スペイン語技能検定試験 4級以上
DELE(スペイン語検定試験) A1以上
イタリア語 実用イタリア語検定試験 4級以上
ロシア語 ロシア語能力検定試験 4級以上
インドネシア語 インドネシア語技能検定試験 E級以上
中国語 実用中国語技能検定 4級以上
HSK(漢語水平考試) 2級以上
中国語検定試験 3級以上
韓国語 韓国語能力試験 1級以上
ハングル能力検定試験 4級以上
総合型選抜
上記表中の外国語の外部試験結果について提出があった場合、合否判定の際に評価に加えます。
04.「入学試験成績優秀者対象
特別奨学金」で、
国立大学より低額の学費で
4年間学べるチャンス!

一般選抜 大学入学共通テスト利用型(前期)5教科型での受験者を対象に、
4年間の授業料が50%以上減免になる「入学試験成績優秀者対象特別奨学金」を実施します。

学費 4年間
毎年 65万円 給付
年間学費等 1,150,000
500,000
給付対象
  • 人数:15名
    得点率が60%以上の合格者
対象入試
  • 大学入試共通テスト利用型(前期)
    5教科型

※毎年継続審査があります。

※対象者には合格発表時にお知らせします。

入学試験成績優秀者対象 特別奨学金

納付金本学国立大学(標準額)
単年度学費1,150,000535,800円
65万円給付
単年度学費(奨学金給付後)500,000535,800
4年間合計(入学金含む)2,230,0002,425,000
05.地元で受験OK!
試験会場は最大全国10会場

関西のほか、北陸・中国・四国地方にも試験会場があります。

※試験日によって試験会場が異なりますのでご注意ください。

※各地方試験場の収容定員を超過した場合、他の試験地に振り替えとなる場合があります。