桃山学院教育大学 合格者向けサイト

桃山学院教育大学への合格おめでとうございます。

新学習指導要領に対応する
第一線の教員陣

中央教育審議会の専門委員経験者をはじめ、日本の教育界をリードしてきた有識者が結集し、
平成29年3月に公示された「新(次期)学習指導要領」に応じた教育を展開します。

※中央教育審議会/文部科学省に置かれている審議会。
 教育、学術や文化の基本施策を審議・提言する文部科学大臣の諮問機関。

鎌田学部長

全国的な学力調査に関する
専門家会議委員

鎌田 首治朗教育学部長/教授

全国的な学力調査に関する専門家会議委員(文部科学省)。
小学校教諭~教頭を経て、環太平洋大学、奈良学園大学で教員採用に向けた教育改革を実施。
教員採用試験合格実績を飛躍的に伸ばす。

鎌田学部長からの
激励メッセージを読む

必ず直面する課題
「授業改善」

湯峯 裕教授

大阪府立高等学校校長、
大阪府高等学校国語研究会理事長(全国副会長)など

二瓶 弘行教授

筑波大学附属小学校主幹教諭(兼任・立教大学講師、筑波大学講師、共愛学園前橋国際大学講師など)

あらためて価値が見直されている
「伝統や文化に関する教育」

中村 哲教授

秋田大学教育学部助教授、兵庫教育大学学校教育学部・大学院学校教育研究科教授、関西学院大学教育学部・教育研究科教授など。和文化教育学会理事長

渡邉 規矩郎客員教授

日本教育新聞社編集局次長、関西支社長兼編集長などを経て、同社顧問。兵庫教育大学大学院教授、環太平洋大学教授、奈良学園大学教授を歴任

教科化で注目される
「道徳教育」

越智 貢教授

文部科学省中央教育審議会専門委員、広島大学学長補佐・副理事など

これからの学校教育現場に必須
「特別支援教育」

石塚 謙二教授

文部科学省特別支援教育課調査官、大阪府・豊能町教育長など

永井 利三郎教授

兵庫県立西宮病院小児科医長、市立豊中病院小児科部長、大阪大学医学部保健学科長など

松久 眞実教授

堺市教育委員会教育センター指導主事、堺市教育委員会学校教育部特別支援教育課指導主事など

守屋 國光教授

大阪教育大学教育学部教授、文部省研究員(内地・在外)、大阪総合保育大学大学院教授など

教育活動の改善を進める
「カリキュラム・マネジメント」

金澤 孝夫客員教授

京都聖母学院小学校教諭、聖ウルスラ学院英智小・中学校副校長など

古川 治客員教授

箕面市教育委員会指導主事、箕面市教育センター所長、箕面市立小学校校長、箕面市立中学校校長など。中央教育審議会専門委員

TOPICS

豊富な経験と教育に関する知識を持つ
さらに強力な布陣が桃教へ!
時代に対応した教育を実現します。

大阪府知事と共に教育改革を牽引。
特別支援学校の整備にも注力。

教育行政のスペシャリスト
副学長中西 正人

大阪府教育長などを経て、大阪府住宅供給公社理事長、大阪教育大学理事・副学長を兼任。大阪府知事と二人三脚で数々の教育改革を牽引した。

独自の国語授業法「二瓶メソッド」は
全国の教育現場で活用されている。

国語教育のスペシャリスト
教授二瓶 弘行

筑波大学附属小学校主幹教諭。全国国語授業研究会理事など。47都道府県すべてで講義や講演を実施。著書『実践 二瓶メソッドの国語授業』などが有名。

1200名以上の公務員合格者を輩出。
前任校では、ほぼ0を年間120名に。

教育行政のスペシャリスト

キャリアラーニングセンター/公務員就職支援室長岡 雅也

公務員養成の専門学校や岡山県内の大学で、25年以上にわたり公務員受験を指導。岡山県内では、警察、消防、保育を中心に、公務員の4人に1人が教え子という。

一人ひとりが成長しやすい
少人数制

1年次から少人数制の演習(ゼミ)などの参加型授業を通して、自発的な問題解決力や協調性などを養成。
また、専任教員がチューター(担任)となり、希望進路や特性に応じて学生をサポートします。

高校よりも手厚い指導体制

チューター(担任)制による少人数ゼミ

チューター制による少人数ゼミを1年次から導入。
教育現場での経験が豊富な専任教員がチューターとなるため、実習先で経験した悩みや疑問点などについても実践的なアドバイスを行います。

教員がチームを結成して学生一人ひとりを支援

定期的なチューター会議で指導方針や情報を共有するなど、教員がチームとなって学生一人ひとりの成長を支える体制を整えています。

早期から教育現場で学ぶ
現場主義

教育現場での見学や実習を通して、主体性と実践的な力を養成。
現場で感じた疑問などを授業で振り返り、教員から豊富な経験に基づくアドバイスを受け、それを実習に生かす学びのサイクルを確立しています。

めざす分野ごとに個別サポート
キャリア形成支援

授業はもちろん、教員が開催する勉強会なども随時実施。
教職センター、キャリアラーニングセンター、公務員就職支援室など、
めざす分野や学生の希望・適性に応じて、キャリア形成を支援する体制が整っています。

プロゼミ
〈教師をめざすセミナー〉

めざす免許や志望地域別に、互恵学習を実施。さらに担当教員の指導や教職センタープログラムを受けて教員採用試験合格をめざします。

公務員
就職支援室

25年以上にわたり公務員採用試験受験を指導してきた豊富な実績を持つ、公務員試験対策のエキスパートによる支援を行っています。

桃山学院大学
キャリアセンターとの連携

一般企業就職希望の学生は、桃山学院大学のキャリアセンター主催の業界研究会や企業説明会に参加可能。同学の梅田サテライトも利用できます。

専任教員による学生支援集団

「十一人の侍」
大作戦

教員採用試験対策はもちろん、自分を見つめなおし、勉強方法から勉強の習慣づくり、自己理解など、「学ぶことについて学ぶ」桃教独自の新しい教育プログラム。
教員一人につき5名までの少人数で指導します。

桃教の教員採用試験突破への取り組み

教員採用試験においては、いずれの自治体においても面接が重視される傾向が強まっており、面接試験が合否に大きく関わります。
桃教では、個人面接、集団面接、グループ討論、場面指導、模擬授業等の面接指導を徹底し、確実に合格できるよう早期から指導していきます。

教職センター

各自治体の教員採用試験に対応した実践的な対策をサポートしていきます。

苦手な理数系を集中的に克服

教職てらこや

苦手意識を持つ学生の多い理科・数学・社会などのフォローアップとして、全学年を対象に教員採用試験対策講座「教職てらこや」を実施しています。開催は毎週各1日。専門の講師によるレクチャーで、1年次から勉強の習慣と基礎力を養います。

仲間とともに徹底的に実力を磨く

教員採用試験対策合宿

1年次生から3年次生までを対象として、教員採用試験に向けた2泊3日の合同合宿を実施。集団での討論や全科テスト、小論文の作成など教員採用試験に必要な科目を集中的に学習します。仲間とともに頑張ることで、意欲も向上します。

  • エクステンション講座
  • 共通テスト
  • 学校インターンシップ
  • 教採ポイントアップ講習
  • 各種ガイダンス
  • 教採セミナー
  • 理科対策講座
  • 教採直前対策講座

トップページへもどる