桃山学院教育大学 合格者向けサイト

桃山学院教育大学への合格おめでとうございます。

学部長メッセージ

桃山学院教育大学で、
人生を切り拓く力を
身につけてほしい。

人生を進もうとする君へ

合格おめでとう!
そのみなさんに伝えたい。桃山学院教育大学で、人生を切り拓く力を身につけてほしい。

人生が君たちに与える難問には、教科書や参考書、問題集の解答にあるような「正解」は存在しない。誰と結婚するのか、どの職業に就くのか、どうすることが担任している子どもたちを守り育てることになるのか――これらに「正解」はない。成功という結果の保障はないのである。つまり、結果は追い求めるものではない。追い求めるものは、自分らしく一生懸命に頑張るということである。

「正解」の代わりにあるものは、懸命に考え、必死で取り組んだという自分の解(自分解)である。「自分解がベストな解であるという自信などとてももてない」「これでよいのかどうかもわからない」「しかし、自分は必死で考えた。もうこれ以上考えられないぐらいに考えた。この解なら、結果がどうなっても納得できる」――そういう解を出せる人間になれるかどうかである。
自分解は自分が出す解だから、自分という人間が小さければ小さいほど、自分解も頼りなく小さなものになる。だから、若者は自分を磨かなければならない。自分の「内面世界」を豊かで深いものにしていかなければならない。そして、それは、そういうことを自覚し、必死でその事業に取り組もうとする大学でなければ実現しない。

私たち桃山学院教育大学は、教職員も、学生も、共に自分を磨くことを真剣に目指す大学である。
集え!同じ志をもつ若者よ!
私たちは、自分を磨く志をもった君を待つ!

教育学部長/教授 鎌田 首治朗

トップページへもどる